現場レポート

宇城市松橋町 M House 長期優良住宅

地鎮祭

宇城市松橋町 Mさんのお家

秋晴れの心地よい気候のなか

地鎮祭を執り行いました♪

地鎮祭(じちんさい)または、

(とこしずめのまつり)と読むこともあります。

土木工事や建物を建てる際、

工事を始める前に行います。

日本では地域や土地に神様が宿っていると考えられています。

建築される土地の神様を鎮め、

お家の建てることのお許しを得ます。

また、工事の無事と安全、完成後の建物や

住まわれるご家族の繁栄を

お祈りする儀式のことを言います。

次に、土地の四方を清める、四方祓い。

最初に清めて頂きましたお塩とお米を撒いて、

お祓いします。

その土地に建物を建てるお許しを得ます。

次に地鎮の儀では、

ご主人様に鍬入れをして頂きます。

威勢よく鍬入れして頂き、

幸先の良いスタートが切れました!!

これより工事のスタートです!!

奥様とお子様も一緒に^^

住まわれるご家族皆さんで鍬入れをし、

これより工事のスタートです!!

ご家族の皆さんと一緒に、工事の無事と

土地、建物が末永く安全堅固であることを

お祈りしながら玉串を捧げます。

また、住まわれるご家族の

皆様の繁栄をお祈りします!

式の最後には、参列者皆さんで

清めたお神酒で乾杯です。

ご両家にも参列していただき、

賑やかな地鎮祭となりました♪

SくんもKくんも上手にお祈り出来ました^^

これから始まる、Mさんのお家づくり。

どのようなお家になるのか楽しみですね!!

今後の進捗もお楽しみに(^^)

ページトップに戻る