地震に強い家

熊本地震の被害で身をもって学んだこと。

SORAデザインの家(性能)について、

正しかったこと

1.柱や土台などの耐久性(劣化対策等級3)について、

構造をシロアリや腐朽菌から守るため「乾式加圧注入木材」を全棟採用していたこと。

13151691_837516286360322_7884794434183622506_n

2.地震などに対する強さ(耐震等級2以上)について、

構造を地震に対してより強くするため「集成材金物工法」を全棟採用していたこと。

13221442_837516306360320_6624756811700568334_n

改善の余地があるところ

1.地盤改良、基礎補強

熊本県の開発許可に基づく分譲地(造成地)であり、地盤調査結果が良好であっても、

地域によっては地盤改良の必要性を検討しなければならない。

2.耐震+減震

地震に対し、制震は必要と判断し集成材金物工法にて施工していたので、

屋内壁の継ぎ目に亀裂が入った程度ですんだが、

より安心してもらうため、より被害を少なくするためには、

摩擦減震装置まで取り入れる必要がある。

13179369_837516316360319_1088834403956802527_n

玉名市で進行中の現場から「UFO-E」全棟採用します!