スタッフ紹介

代表取締役 田﨑 朝広

家づくりのよろこびは家族とともに人生を創造すること。

2018年3月18日、SORAデザインは設立10年目を迎えることが出来ました。これもひとえに、お客様からの温かいご支援あってのことと、心より感謝申し上げます。

これまでわたしたちは、お客様のために良い家をご提案することを第一に考え、努力してまいりました。住む人のためを想い、住む人が心地よく暮らせる家づくり。お客様が理想とする家をともに考え、実現することが、最も大事なことであると信じています。

10年の節目にあたって、こうしてたくさんのお客様から支持をいただいていることからも、わたしたちの考えが間違いではなかったのだと自信を持って言うことができます。

これからも、SORAデザインはより良い家づくりを胸に、皆様の幸せな生活の礎となれるよう、いっそう精進してまいります。
これまでの実績に奢ることなく、常に新鮮なアイディアを求め、新しい技術や知識も積極的に取り込み、さらなる発展と貢献をしていきたいと考えております。

どうぞ、次の10年、20年と、わたしたちSORAデザインをよろしくお願いいたします。

取締役 河本 洋二

家族のことを想うからアイディアが浮かぶ。
要望を越える提案を。

家をデザインする上で大事にしていることは、相手の話にしっかりと耳を傾けること。求められているものを取り込みつつ、さらに新しい解釈を盛り込みます。培ってきた経験と、住む人のことを想うからこそ、浮かぶアイディアがあるのです。

また、家はインテリアや家電など思った以上に迷いが生じてきます。建築から家電製品まで、家にまつわるどんな問いにも的確なアドバイスができるよう“人間力”を鍛える日々です。

設計・コーディネーター 松岡 綾

住まい手と同じ目線で家を見守り続ける家づくりは一生の仕事。

[SORAデザイン]の大きな特徴は、家を建てた後も古くからの友人のように近い距離感で関係性が続いていることです。完成見学会には新規のお客さまはもちろん、すでに家を建てられた方たちもまるで友人の家を訪ねるように足を運んでくださるんです。

水回りの収納の参考に、キッチンの使い方を見直しに、暮らしの相談に……と目的はさまざまですが、家を建てる前も、建てた後もずっと変わらない付き合いを永く続けていくことを私たちは大切にしています。り上げる家づくりは、常に新鮮なよろこびの連続です。これからも家族の暮らしを一番に、建築への深い愛情を持って臨む姿勢は変わることはありません。

建築士 竹本 茉由

建築が好き。インテリアが好き。家の魅力を探求します。

[SORAデザイン]の家は“シンプルな中に軸のあるデザイン”が魅力です。“軸”とは、家族の暮らし方を真ん中に据えること。その土地の置かれた環境を踏まえたデザインであること。建築物の構造として確かなものであること。

この3つをクリアしたシンプルな家を大好きなインテリアや雑貨で飾る瞬間は、お客様にとっても、私たちにとっても最高の幸せです。生活に密着した建築とインテリアの魅力を高めるためにも、知識を貪欲に探求していきたいです。

ページトップに戻る